僕が恋をしたら
自分の大きすぎる傷を見せてしまう
相手の心に新しい傷を作ってしまう

僕が友人を作ったら
急に連絡もせず、いつかいなくなる
心配だけを彼の心に残してしまう

僕が仕事をしたら
途中で全てが投げだされる
損失だけが新たに生みだされる

僕が自殺をしたら
家族が悲しんで、泣いてしまう
それ以外には何もない

僕が小説を書いたとしたら
僕の心の毒が読者に回る
自殺志願者が少しだけ増える


ベッドにいて、何もしない

それが僕がみんなのためにできる
唯一で最善のことだ


いっそのこと
誰かが僕を殴り殺して
牛や豚を食べるように
人肉を食べてくれればいい

そうすれば、僕は安心して
世界のために飯を食えるのだが

そうすれば、僕は健康的に
太ったり、運動したりできるのだが