大は小をかねる
そんなの嘘だ

僕は夜空を見上げて思った

どんなに大きい癇癪玉も
線香花火の美しさには勝てない

付き合って6年目の今年の夏は
花火大会に行かなかった

ごめんね、僕のせいで
曇り空ばかりだったね

でも、秋になって
新しい季節になったから
もしよかったら今夜
公園で花火をしよう

二人で、線香花火を

消えてしまいそうで
落ちてしまいそうな

小さな火

冷たい風が吹いても
強い雨が降っても

手を合わせて
一緒に守っていく

一瞬の時に息を飲んで
二人でケタケタ
笑い合いながら