こんにちは!

今日からついに俺も授業再開です。
久しぶりに大学に行って受けるこの疎外感・・・

あぁ、ひさしぶりだなぁ。
まじで気持ちいい・・・

そう、根っからの変態です(笑)

どうぞ、そんな僕の相変わらずの詩を今日も召し上がれ(笑)

今日の詩はフランスで書いたものですが俺的には結構好きな詩なのでぜひぜひ読んでみてくださいね!

ではまずはここから!

ちなみに下の写真はフランスで大天使ミカエルを祭ったモン・サンミッシェルです。
モンサンミッシェル

 

 




 

時間を追いかけてうさぎは走る

美しい景色を見るのも忘れてひたすら走る、走る、走る・・・

 

時間など気にせず亀は歩く

うまい空気を腹いっぱい吸い込んでのっそり、のっそり歩く

 

どっちが良いなんて言えないけど

ゴールなんてない、勝者すらいないこのレース

そんなに急がなくてもいいんだよ

 

大切なものはそこまで多くない

ゆっくり歩けば見えるから

 

僕は急いで見逃したくない

 

この詩はフランスのゆったりした生活の中で生まれた詩です。
ちょっと説明すると、この詩の中では日本人をうさぎに、フランス人を亀に例えてみました。

日本では就職すると男は残業するのが当たり前、仕事ができてお金を多く稼ぐのがまずは大事だと考えられています。
それが常識です。

でもフランスでは完全週休2日で、残業もほとんどありません。
小学生は金曜まで休みなんてときもあるようです。
もっと言ってしまえば、お昼時フランス人はカフェでお茶をしたり、公園で足を伸ばして本を読んだり、とても優雅です。
彼らは人生の楽しみ方を知っています。

もちろんどちらが良いかなんてわかりません。
僕らのおじいちゃん、お父さん世代ががんばって仕事をして、ここまで日本を発展させてきたのだからもちろん日本のこの現状を批判する気もありません。

だけどフランス人の優雅さを見ていると「これでいいのか?」と疑問に感じてしまうのも確かです。

日本のサラリーマンが帰りの電車の中で疲れきった顔をしているのを見ると未来にちょっぴり失望してしまいます。

 

そして僕は考えてしまいます。

一体、僕が本当に大切にしたいものは何なのか・・・?

お金、時間、愛、家族、将来・・・・

???

 

よかったら今生き急いでるあたなも考えてみてはどうでしょうか?

無駄なことではないと思いますよ!ではでは今日はこの辺で〜。